新幹線の格安チケットなら


新幹線 格安チケットを入手する方法

新幹線の格安チケットを入手する方法としては、5種類ほど存在します。

まず1つ目は、チケットショップを利用するという方法です。


どこの街にも必ずと言って良いほどチケットショップは存在します。


そこで、バラ売りの回数券を購入するということですね。


2つ目は、JRが運営している「えきねっと」のポイントを利用して新幹線のチケットを割引価格で購入するという方法です。


3つ目は、新品の回数券です。


新品の回数券については、大勢の人数で新幹線を利用する場合のみに有効な方法です。


4つ目は、JRの「エクスプレス予約」、「エクスプレス早特」、「EX-IC(エクスプレスIC)サービス」を利用する方法です。


こちらは事前に新幹線を利用することが分かっている場合には、かなりお得な方法になります。


特に、3日前から新幹線を利用することがわかっている場合には、エクスプレス早特が利用できるのですが、これが最も格安な方法です。


5つ目は、オークションにて新幹線のチケットを落札するという方法になります。

チケットショップで新幹線の格安チケットを手に入れる

新幹線の格安チケットを手に入れる最もメジャーな方法は、チケットショップを利用するという方法です。


どれぐらい安いかと言いますと、もちろん個々のチケットショップによって価格が異なっては来ますが、通常片道で14,050円(東京〜大阪間)のものが、12000円台で購入出来ることもあります。

(平均的には、13,000円といったところでしょうか。)


注意点としては、バラ売りの回数券を購入することですね。


通常、回数券というものは20枚綴りとかで売られているものですが、チケットショップではこれをバラにして販売してくれているのですね。


なので、これを購入します。


回数券自体が通常の新幹線のチケットよりも安くなっており、さらに、これをチケットショップで購入するのですから、二重にお安くなるのです。


ただし、死角もあります。というもの回数券の場合には、使用できない期間というものが決められているからです。


その期間は、4/27〜5/6、8/11〜20、12/28〜1/6です。


なので、この期間にかぶる場合には、他の方法を検討する必要があります。

JRの回数券とチケットショップの回数券の価格差

では参考までに20枚綴りの回数券の価格とチケットショップで売られている新幹線の回数券のバラとでは、どれぐらい単価に差があるのでしょう。


まず、比べる区間は、東京 大阪間ということにします。


JRが販売している20枚綴りの回数券の値段は、26万4,800円です。


これの1枚辺りの単価はと言うと・・・13,240円ということになります。

(なお、新幹線チケットの定価は、14,050円)


さらに、チケットショップだとこの回数券が1枚13,000円ほどで販売されているのですね。


ということは、定価と比べると1,050円ほど、新品回数券の1枚単価と比べると240円ほどチケットショップの方がお安いということになりますね。


これは誰がどうみても、チケットショップで購入した方がお得です。


ちなみに、WEB上のチケットショップだと中古の回数券が1枚13,300円辺りで販売されています。


送料 代引き手数料も含まれているので、わざわざチケットショップまで買いに行くというのが面倒なのであれば、ネットで購入するのもアリだと思います。