新幹線の格安チケットなら


EX-IC(エクスプレスIC)サービスとは?

これも、エクスプレス早特と同じく、JRの「エクスプレス予約サービス」の中の1つです。


EX-IC(エクスプレスIC)サービスについては、東京〜 新大阪の各区間のみのサービス提供となっています。

(平成21年の夏頃に、東海道・山陽新幹線全区間(東京〜博多間)でのEX-ICサービスの提供が始まるようです。)


その特徴は、チケットレスであるところです。


つまり、チケットを取りに良く必要すら無く、新幹線に乗車、下車することが出来るのですね。


専用のICカードを改札に当てれば、それでOKなのです。


さらに、Suica、TOICA、ICOCAをお持ちであれば、在来線への乗り継ぎもスムーズになります。


EX-ICカードとSuica、TOICA、ICOCA等のカードを2枚重ねてタッチするだけでOKです。

EX-IC(エクスプレスIC)を利用した新幹線の料金は?

EX-IC(エクスプレスIC)を利用した場合の新幹線の料金は、エクスプレス予約サービスよりも少し安くなることが多いです。


具体的には、東京 新大阪間で13000円となります。


エクスプレス予約だと13200円なので200円お得ということです。


これは、チケットの「紙代」が必要なくなった分だけ安くなったという考え方でよいと思います。


しかも、エクスプレス予約サービスと同じく、列車の変更も直前までOKですし、もちろんポイントも貰うことが出来ます。


ただし、エクスプレス早特との併用は出来ないので、その点は注意しましょう。


「エクスプレス予約」や「EX-IC(エクスプレスIC)」、「エクスプレス早特」は、いずれか1つだけを選択して利用することになります。

チケットショップの回数券との価格差は?

新幹線の格安チケットを入手する方法として、今まではチケットショップの回数券が王道でしたが、今ではエクスプレス予約を利用したほうが便利でしかも安くチケットを入手できるようになっています。


「その価格差はどれぐらいかなのか?」と言いますと・・・・


【東京・品川〜新大阪】


チケットショップの回数券の場合は、13000円前後。


エクスプレス予約の場合は、13200円。


EX-IC(エクスプレスIC)サービスであれば、13000円。


エクスプレス早特なら、12000円ということになります。


価格もそうですが、いちいちチケットショップに買いに行く必要が無いというのもメリットの1つですよね。

(急遽、予定が変わった場合にも無料で変更することが可能ですしね。)