新幹線の格安チケットルール


格安チケットはそれぞれルールが違う

格安チケットは値段も違いますがチケットによりそれぞれ決まったルールがある場合があります。


値段だけを見て安いと飛びついて損をする場合があるのでこれから挙げる点もしっかりとチェックしてから購入しましょう。


●利用できる列車の種類をチェック


自由席などの格安チケットなどに多いのが新幹線の種類によって乗車できない場合があるので注意しましょう。


他にも、予約したのぞみに乗り遅れた場合、ひかりなどの自由席は乗車できるがのぞみには乗車できないなどと決まっているチケットもあるので要チェックしておきましょう。


●利用期間をチェック


格安チケットによっては利用できない期間が設定されていることがあります。


特にゴールデンウィーク・お盆・年末年始は利用できないというチケットが多いんですね。


いくら指定席のチケットを購入した場合でも、万が一その便に乗れなかった場合のことも考えて、しっかりと利用できる期間を購入前に確認しておきましょう。


●払い戻しができるか


中には購入後の払い戻しは一切できないチケットもあれば、手数料を払えば払い戻しできるチケットもあるので自分が購入するチケットはどのタイプか知っておいたほうがいいですね。


●子供料金設定があるか


お得なチケットの中には子供料金の設定がないものもありますので家族でチケットを購入する場合はトータル金額で比べてみないと損をすることがありますよ。


などなど、格安チケットはお得な料金になっている分、通常のチケットとは設定が違う場合があります。


それぞれのチケットのルールをしっかりと把握した上で購入しないと逆に損をしてしまうことがあるので気をつけてくださいね。


また、チケットによって、販売している場所や期間にも違いがあるのでご注意ください。


行き先が決まったらまずはネットで事前に調べることが大事ですよ。


特に忙しくて予定が変わりやすい人や病気で日程が変更しがちな子供連れの人などはただ安いだけでなく変更のしやすいチケットを選ぶことも考えておいた方がいいですね。