新幹線で子供連れ


子供連れの注意点&席の決め方

子供連れの場合、チケット代は年齢により違いが出ますのでまずは基本的な情報を知っておきましょう。


まず、小学校に上がるまでの6歳以下お子さんは無料で、小学生は大人料金の半額になる子供料金となり、中学生からはもう大人料金の扱いとなります。


ただし、無料のお子さんも指定席やグリーン席で子供の分の席も利用する場合は、子供料金が必要になります。


つまり、未就学児を連れての場合は、指定席ならひざの上などで過ごさないと無料にはなりません。


自由席であれば、JRの規則を見ても未就学児が自由席車両の座席を利用する場合はチケットが必要とは決まっていませんので、席の利用は可能です。


ただし、チケットを有する者1人に対して未就学児は2人までが無料となります。


大人1人と未就学児3人なら大人分のチケット1枚と子供分のチケット1枚が必要になります。


しかし、これに小学生の子供が増えたとしても、大人分のチケット1枚と子供分のチケット1枚あれば大丈夫ということになります。


とは言っても、沢山のお子さん連れでの自由席の利用は、混雑していない時期や時間帯でないとおすすめはできません。


また車両によっては、子供連れに嬉しいものがあるのでチェックしてみましょう。


レールスターには個室もあったり、500系のこだまには、子供が遊べる運転席があるんですよ。


夏休みや連休などには、ファミリー車両と言って、子供連れの方が利用できる専用車両があるので、寝ているサラリーマンに気を遣わなくて済みますよ。


通常の車両を利用するのであれば、出入り口に近い席を選びましょう。


最前列も最後尾もスペースが他の席よりは広くなっています。


特に最後尾は後ろに荷物を置けるスペースがあるのでベビーカーをたたんで置いたり、大きな荷物が置けますよ。


進む方向を考えて席を取るといいですね。


またトイレが近い車両だと更に便利なので、乗車する車両をしっかり確認してからチケットを購入したり、自由席の場合も事前にどの車両に乗るのがいいかを予め決めておくといいですよ。


そこまで考えれば、ただ安いだけでなく、子供連れでもストレスなく新幹線で過ごせちゃいますよ。