新幹線と高速バス


高速バスは新幹線と比べて本当に安い?

最近ではバスも長距離線が増えていますが、新幹線とどちらがいいかを比べてみましょう。


分かりやすくここでは東京から大阪間移動をする場合を例に挙げてみましょう。


《料金対決》


新幹線とバスと比べると、真っ先に大きく違うのはその料金ですよね。


いくら格安チケットを利用しても新幹線代がバス代より安くなることはないでしょう。


ただし、バスは各会社や区間などにより、座席の並び数や幅など違いがあります。


より安いチケットを選ぶと、座席幅が狭くなったり、トイレが無かったりなどあります。


4列シートなら片道3,000円台からありますが、2列シートになると10,000円を超える場合もあるんですよ。


新幹線は正規料金なら13,240円からで、エクスプレス早特を利用すれば12,000円になりますよ。


もちろん、新幹線なら格安チケットでも、いつでも快適な同じシートに座れますよ。


《時間対決》


新幹線ではのぞみに乗れば、2時間35分で到着します。


ある長距離バスでは9時間10分もかかってしまいます。


4倍の差は大きいですね。


さらに、バスには渋滞などで時間通りに到着しない場合もあることを頭に入れておきましょう。


《便利さ対決》


長距離バスはたくさん増えたとは言え、1日の運転数は数本と新幹線とは比べ物にならないぐらい少なくなっています。


また、出発時間や到着時間も、深夜や早朝になる場合が多く、便利とは言いづらいでしょう。


そして気になるのがトイレです。


トイレ付きのバスもありますが、小さな車内に1つだけのトイレではゆっくり過ごすこともできませんよね。


新幹線なら、たくさんのトイレはもちろん、洗面台もあり、メイクや顔を洗ったりなど快適に利用できますよ。


《安全対決》


近年、長距離バスによる事故が増えておりニュースで聞くことも多くなりました。


バスに比べると専用の線路の上、システム化され運行している新幹線の方が安全性は高いと言えるでしょう。


以上、バスと新幹線を比べてみると色々と違いがあります。


ただ安いからとバスに飛びついてはいけないということがお分かりいただけたかと思います。


バスは乗車時間が長くなる分、腰が痛くなる人もいます。


長時間乗ることで遊ぶ前に疲れたり、早く着き過ぎて時間を持て余すことも出てくる場合もあります。


希望の時間にスムーズで快適に乗れる新幹線の方がやはり便利でおすすめですよ。


新幹線は値段ではバスに負けてしまいますが、その分時間は少なくなるので、決して高くはないですよ。