新幹線チケットの子供料金


新幹線の格安チケットは子供料金もお得?

新幹線のチケット料金も、子供の年齢によって無料だったり有料だったりします。


新幹線の子供料金は6歳以上から12歳未満の小学生になります。


つまり、中学生以上は大人料金になります。


小学生に満たない6歳未満は幼児になり、指定席を有する場合は子供料金がかかり、ひざの上などにで席を利用しない場合は大人1人につき2人までは無料で乗車することができます。


新幹線の格安チケットには色々なものがありますが、子供料金はチケットにより安くならないものもあります。


●エクスプレス早割・EX-IC→×(子供の利用も不可)


EX-ICなどエクスプレス予約サービスは会員登録を行いクレジットカードを作る必要がある為、子供は適応できません。


●金券ショップなどで販売している回数券→△


回数券には子供料金のものはありませんので、大人用のを子供が利用する為、割高になってしまうこともあります。


ただし、自由席を利用するなら、回数券1枚で子供2名が利用することはできます。


人数や区間によっては安く済む場合もあるかもしれません。


●ひかり早特きっぷ→×(大人と同額)


●ぐるりんパス→◯(子供料金あり)


JRが発売しているお得な格安チケットは、子供料金が設定されているものもあれば、ないものもあるのでそれぞれ確認する必要があります。


このように、格安チケットにより子供料金がお得になるものもあれば割高になるものだけでなく、利用もできない場合もあるので、子供連れの方はご注意ください。


特に同時に購入できないエクスプレス早割やひかり早特きっぷなどで大人のチケットを購入すると、席が離れてしまうこともあります。


ご家族連れの場合は、最安値でチケットを購入することを優先するよりも、近くの席で一緒に過ごせることを一番に考えた方がいいですよ。


おすすめは、大人は金券ショップなどで回数券を購入し、みどりの窓口にて、指定席に替える際、子供は通常料金にて同時に購入することですね。


席が離れないように、できれば早めに指定席を購入しておくのがいいですね。


しかし学生なら、乗車区間が101キロ以上の区間を利用する場合、学割が適応され通常よりも2割も安くなるって知っていましたか?


学割を利用するには、事前に学校にて『生徒・学生旅客運賃割引証』を貰っておく必要があります。


区間次第では、下車より先の駅に指定した方が、安くなる場合もあるでしょう。