新幹線格安チケットのビジネス利用


新幹線格安チケットをビジネスで使用する場合の注意点は?

新幹線の格安チケットは、ビジネスの場面で頻繁に移動がある方の強い味方ですね。


しかし、ビジネスの場面での使用方法などにおいて、注意が必要な点がいくつかあります。


その注意点について知っておくことで、より快適により便利に格安チケットを使用できます。


≪まずは乗りたい時期・新幹線の種類を考えましょう≫


まず、格安チケットには利用期限があります。


この期限を過ぎてしまうと、いくら格安チケットといってもただの紙切れになってしまい、大損してしまいます。


ですから、新幹線に乗る予定がいつなのか、まずは時期的なことを考えてみましょう。


利用期限内に使用できそうと感じたら、次は乗りたい車種や辿り着かなければならない時間について確認しましょう。


新幹線の種類によっては、自由席が非常に少なく、長距離であれば快適な移動が約束できない場合があります。


何時間も立ちっぱなしな上、大きな荷物を持っているのはとてもしんどいですからね。


先方にたどり着いた頃には疲れているというのも相手に失礼になってはいけませんから、ビジネス場面では極力座席にきちんと座れることを想定したいものです。


もし、時間帯的にも自由席の多い「こだま」が多く走っているようであれば、少しでも安い『自由席の回数券』を購入して問題ありません。


しかし、時間帯的に「こだま」があまり走っておらず、相手先への到着時間なども考慮して、自由席の少ない「ひかり」しかないということになれば、なかなか快適な乗車が難しいかもしれません。


その場合、『指定席・グリーン車の回数券』を購入するなどして、座席確保を目指すか、『自由席の回数券』にして座席に座れないことも覚悟するのか検討してチケットを購入する必要がありそうですね。


≪利用不可能な日に該当しないかチェック!≫


利用期限に注意するというのは上記に述べた通りですが、それ以外にも回数券には細かな規定があります。


中でも要注意なのがお盆やGW・年末年始の繁忙期には利用不可能とされていることです。


レジャー目的ではなくあくまで仕事の為に利用すると主張しても、JRはそれを考慮して「では乗ってください」と言ってくれません。


繁忙期にはむしろ、指定席やグリーン車も早めの予約をしなければとれませんから、料金的に安いことよりも予約が取れるかを確認するべきでしょう。


利用不可能であればチケットが無駄になってしまう可能性も出てくるので、繁忙期シーズンに出張などの使用予定がある場合は、あらかじめ使用できない具体的な日にちと、出張の日にちが重ならないかチェックしましょう。