新幹線格安チケットで乗り過ごし


新幹線の格安チケットで万が一乗り過ごしたら?

新幹線の格安チケットを購入して、万が一乗り過ごした場合は、差額を払うのではなく乗り越した部分のチケットを買い足す形になります。


≪通常の電車での乗り越し≫


通常JRなどで乗り越した場合は、乗り越し精算機で差額分だけを支払います。


そして一旦窓口から出て、もう一度窓口で今度は目的だった駅に帰るための切符を購入し、再度今度は逆方向の電車に乗ります。


≪通常の新幹線での乗り越しの場合≫


新幹線の場合は特急券と乗車券が手元にありますよね。


これは通常の在来線のように差額精算でと単純にはいかない場合があります。


乗車券を仮に往復で買っている場合は、すでに使用後となっており、差額ではなく乗り過ごした部分の運賃を買い足す形になります。


特急券はまだ使用されていないので差額のみの清算で乗り越し精算が可能です。


改札をくぐるタイミングもあるので、まずは駅員さんに素直に乗り過ごしたと確認するべきでしょう。


≪格安チケットは共同購入と理解しておきましょう≫


格安チケットは多くの場合新幹線の回数券をネットを通じて共同購入している状態です。


つまり、この時購入する回数券は安く販売する分、JRも制約を設けています。


例えば、期間なども決まっていて、それを1日でも超えると、せっかくの新幹線チケットも払い戻し手続きなどをしない限りはただの紙きれになってしまいます。


同じ条件の、制約があるチケットを複数回分まとめて購入するからこそ、安い回数券を不特定多数で買うために、仲介となっているのがネットの格安チケットサイトや金券ショップです。


まとめて買うにはもちろん代表者がいりますよね。


それが仲介業者となるわけです。

仲介業者が入ることでさらに窓口で払い戻しが受けられないなどのリスクが発生します。


つまり、JRにとっては金券ショップにはチケットを販売したけれど、本当に使用するユーザーにはチケットを販売したことにはなっていないというわけですね。


この場合で仮に払い戻しを希望する場合でも窓口では取り消し手続きしかできません。


このような通常よりも制約があるリスクがあるからこそ、安いのだと理解しておきましょう。


≪乗り過ごした場合は回数券に対しての扱いになる!≫


改めてですが、万が一格安チケットを利用して新幹線に乗り、乗り過ごしてしまった場合は差額分を支払う「乗り越し」対応は受けられません。


別途買い足す扱いとなり、例えば東京から名古屋を通り越して大阪に到着という場合には、当然チケットは東京から名古屋分までしかありませんので、名古屋から大阪までの新幹線チケットを新たに買い足す形になります。


乗り越すと何かと高くついてしまうわけなので、重々注意しましょうね!