新幹線格安チケットのまとめ買い


新幹線の格安チケットはまとめ買いがお得?

新幹線の格安チケットをネットで購入する際も、何枚かを同時に購入することでさらに安くなる制度を設けているサイトもあります。


例えば、一番良くあるのが往復仕様の為に2枚同時購入ですね。


ただし枚数によっては窓口で購入のほうが安い場合もあるので、そのあたりを今回は詳しく掘り下げてみましょう。


≪セットで安い格安チケットショップを探す!≫


多くの格安新幹線チケットの販売サイトは、セットでより安くなる料金プランを提案しています。


それもそのはず、格安チケットのサイトは回数券などを安く購入している分、逆にそれらを早めに売りたいという思いが強いです。


1枚だけ欲しい人が6人現れるよりも、4枚欲しい人と2枚欲しい人が2人現れるほうが手続き的にも時間的にも楽ですし、格安チケットショップとしても嬉しいのです。


その為、セットで買うとより安くなるチケットプランを用意する格安チケットサイトが多いのですね。


≪回数券のほうがお得な場合も≫


格安チケットショップの新幹線チケットは多くの場合回数券つづりのうちの1枚と言いました。


回数券はJRから販売されているものですが、6枚つづりで販売されています。


6枚もいらないよという人が多い為に、個人で買う人は少ないですね。


しかし、仮に多くの人数で旅行予定など、たくさんのチケットが必要な場合は、6の倍数であればJRの回数券を直接みどりの窓口で購入したほうが安い場合もあります。


チケットショップも、利益を上げなければ商売にはなりませんし、スタッフの手配やサイト管理など業務がある分、コストも発生します。


これらのコストや利益は当然購入者が+@で支払うことになりますよね。


一方でJRのみどりの窓口で直接回数券を購入した場合は金券ショップを間に挟まない分コストがかかりませんから、個人でも大量にまとめ買いしたい場合は回数券のほうがお得な場合もあるのです。


≪6の倍数でなければ損に≫


窓口で回数券を購入する場合は6の倍数でなければ多くの場合余計にコストがかかってしまいます。


その理由はJRの新幹線回数券のつづりが6枚つづりだからです。


例えばチケットが5枚必要な場合に6枚購入してしまうと、1枚余りますよね。


1枚あたりは1,000円くらいしか得をしていない場合、5枚分で5,000円は得かもしれませんが、一方で20,000円くらいする乗車券が1枚余っていることを考えると使用しなければ15,000円の損失となるのです。


つまり複数毎の格安新幹線チケットを購入したい場合でも、6の倍数でない場合は格安チケットサイトで購入したほうがお得だというわけですね。