新幹線格安チケットと在来線


新幹線の格安チケットと在来線を乗り継ぐ方法

行先によっては新幹線の格安チケットでたどりついた場所からさらに在来線で行かなければならないところもありますね。

今回は金券ショップなどで格安チケットを買って新幹線にのり、在来線に乗り継ぐ際のチェックポイントをご紹介しましょう。

チェックポイント1:乗り継ぎ方法

新幹線から在来線へ乗り継ぐ場合、各駅によってどのように乗り継ぐかが異なります。

新幹線の格安チケットで購入できる回数券では、新幹線が止まる駅で一旦降りなければなりません。

新幹線の出入り口によっては、その駅でチケットが終わっている場合は、一旦チケットが回収されてしまう為、在来線への乗り換え時に乗り越し料金だけで済む話ではなくなってしまいます。

いくつかの地方駅では、降車駅が決まっておらず、市内の駅であればどこでも降りられるチケットがあります。

例えば広島です。

広島へ来る新幹線チケットの場合、新幹線チケットは広島で終わりですが、普通切符だけが手元に残ります。

広島駅で降りる場合はそのままチケットは廃棄するようになりますが、広島市内であれば在来線に乗ってどの駅で降りても良いので、チケットは手元にあります。

この場合、世界遺産の宮島へ行く場合は、廿日市駅までの乗り越し料金を払えば行けることになります。

しかし、東京で降りる場合、普通切符も回収されてしまうので、手元にチケットが残りませんから、乗り越し料金だけでどこかの駅までいけるわけではありません。

その為、切符を買って、電車に乗らなければなりません。

このように在来線へ乗り継ぐ場合は、各駅で方法が異なります。

新幹線から降りて、在来線へ乗り継ぐ場合は、方法を確認しておくことを忘れないようにしましょう。

チェックポイント2:乗り継ぎ時間

次に、新幹線で到着後、いつ乗る予定の在来線電車が来るのか確認しておきましょう。

新幹線で到着した駅でチケットを回収されず、そのまま乗りこめるようであれば、到着した駅で乗り越し料金を払えばいいので、比較的乗り継ぎ時間は短くてもOKです。

しかし、到着した駅で一旦改札を出て、新しく在来線のチケットを買う場合は、ある程度時間がなければ乗り継ぎに間に合わない可能性があります。

この場合は乗り継ぎ時間を多めに確保しておきましょう。

東京や大阪のような大きな駅の場合は、乗り継ぎ先の在来線フォームが遠くないか、歩いて移動する場合の所要時間も多めに確保しましょう。

金券ショップなどで購入した新幹線の格安チケットを購入する場合で、在来線への乗り換えを検討している人は、上のチェックポイントに注意して、計画を練るようにしましょうね。